FC2ブログ

Dog care salon Smooch

NO,DOG NO,LIFE

アイアムアミナミチャン

2020.01.17.Fri
みなみを可愛がってくださったたくさんの方にご報告です

1月7日にスムーチの主だったみなみが天国へ旅立ちました。
17才と8ヶ月でした。

3日から食事をしなくなり、最後は皮と骨だけで小さくなってしまっていましたが、5日はまだ自分の足で立ってトイレも出来ていました。
6日の夜は1時間おきに鳴いて、そのたびに水を飲ませてあげたり、身体の向きをかえてあげたりしましたが、病院にかかることもなく家で最期を迎える事ができました。

7日の夜7時くらいに自宅にある酵素の上で寝ていて、小さく鳴くのでなじみの寝床に連れて行くとそのまま
眠る様に旅立ちました。10時ごろに様子がおかしいと気が付いたのが父でした。

今思えば、酵素の上で小さく鳴いていたのは、もう大丈夫。十分だよ。と、言っていたのではないのかなと思います。

寂しいですが、あっこの専門学校へ行っていた時は同級生みんなに可愛がっていただいて、スムーチのお客様にもみなみちゃん、みなみちゃんとたくさん可愛がっていただき、ありがとうございました。
このブログを通して、心より感謝申し上げます。

みなみ1月



アイアムアミナミチャン
H14年8月13日 あっこの祖父が記した記録です。

この初秋より、「ミナミちゃんの飼い主」めざして暮らすことに相成った晶子ちゃん。
犬には「ポチ」という代表的な名前があるが、「ミナミ」と命名しました。どうです。
なかなか意表をついた愉快な名前でしょう、と。私に、近作「流れ藻を押し返しゐる大南」の一句がありますし、折からの南風の季節、ひとりひそかにピッタリのネーミングだと思っています。さて、余談ですが猫は笑うことは出来ないが、犬は鼻の上にたてじわを寄せ、身体を丸めて笑うという、ことを昔何かで読んだことがあります。真っ黒で毛毬のようなミナミちゃんのこの表情を読みとるには、まだ時間がかかりそうです。

スポンサーサイト



愛犬のてんかん・発作にもフルボ酸❕

2020.01.16.Thu
来月で15才になるチワワのキャンディーちゃんの飼い主様から感想をいただきました。
それがこちらです

キャンディーちゃん5


フルボ酸を飲ませ始めて4ヶ月になります。驚くことに毎月4~5回あった『チアノーゼを伴う痙攣(てんかん)発作』が止まり毎晩3時頃に背中を摩るほどの『咳込み』もしなくなっていました。
今年2020年2月15才を迎えるロングコートチワワのキャンディーちゃん、彼女は14年前小雨の降る10月に保護した迷子犬です。
その為生いたちは不明、持病もわかりません。

キャンディーに病気の兆候が出始めたのは2才の時で軽い痙攣発作をおこし当時の主治医からは低血糖と診断を受けます。
その後、4才で痙攣発作を繰り返し原因解明に動物病院を数件回りました。結果、MRI検査を受け脳症が認められず『てんかん』と診断されます。
2年間治療に通い症状も一旦落ち着いたので治療は終了。幸いなことにてんかんの薬を使用していなかった為薬の常用のない普通の生活に戻れました。

その頃、フードをboschに変え波動水を飲ませダイエットにも成功します。
日々の生活も安定している中、10才で器官虚脱を発症します。
呼吸困難から一時、命に危険な状態に陥りました。

現在も、治療は続いていますがそんな時半信半疑でフルボ酸を購入しました。
10月から飲用した結果、あきらかに効果を得ていると実感しています。
おっくうだった散歩も最近は楽しいようでヨボヨボながら自分の足で歩きます。
発作の回数は0に等しく夜中にせき込むこともなくぐっすり眠れているようです。試してみて本当によかったと思っています。

発作の記録
2018年 10月 発作2回 11月 肺水腫にて入院 発作4回 12月 発作2回

2019年 10月 発作5回  11月 発作0回  12月 発作1回



O様から『もし同じような発作に苦しんでいるワンコや飼い主さんが試してみる価値はあると思います』という事で
てんかん発作の時の動画をいただきました。ありがとうございます

最近のお散歩の様子はこちら


迷子犬だったキャンディーちゃんを大切に大切に育てていただいたのがこの記録を見て分かります
小さい時から色々と気がかりな事があったこともO様の愛情で乗り越えられたんでしょう。
O様もSmoochのフードやおやつを信頼していただき浮気をすることなく(笑)当店でお買い上げいただいた結果だと思っております

フルボ酸をおすすめした時もフード購入の時だったように思います。
『友達の犬がアレルギーでカイカイになって何か良いものはないですか?』
『それだったらフルボ酸がいいよ!キャンディーちゃんにもごはんにふりかけてあげたらいいよ』
この会話がきっかけでキャンディーちゃんにも効果が表れました

今はネットでなんでも買えますがこういう会話でいろんなお話をし、その子に合ったものをおすすめできるのが店頭販売の良さですね
O様、キャンディーちゃん、発作がでなくなって本当に良かったですね

Smoochもフルボ酸の効果には驚く事ばかりです

愛犬の末期がんにも希望を❕

2020.01.12.Sun
いつもSmoochのブログをお読みいただきありがとうございます。

今日は、病院で余命宣告されたトイプードルのクーちゃん(14才)の闘病について飼い主様の感想とともにお知らせしたいと思います。
まず、K様に書いていただいた感想をお読みください。





IMG_20200109_0001.jpg

以前から咳が続き、調べたところ心臓の横に腫瘍があると8月にわかりました。
しかし、その時はまだ今まで通り元気で食欲もあり信じられない気持ちでしたが10月8日の夜中に突然四つん這いで動かなくなり水も飲まずごはんも食べず目を開けたまま眠れない状態が二日間続きすぐに動物病院に行くと腫瘍がかなり大きくなっており検査の数値も最悪で10月いっぱいもつかどうかの余命宣告をされました。

10月にトリミングの予約をしていたのでキャンセルの電話をすると
『すぐに酵素風呂に乗せに来て』
と言ってくださり半ば諦めていましたが酵素風呂の上に乗せると嘘のようにその上で眠ることができその後、少し目力がでて少しの水を飲みごはんも少し食べることができました。
それから自宅でも酵素風呂に乗りながらごはんと共にヨウ素含有スクワレンとフルボ酸を食べながら徐々に元気を取り戻し今ではすっかり食欲旺盛で全然出なかった声が『ワンワン』と大きな声を出すまでになりました。

酵素風呂の凄さを真の当たりに体験し驚いております。
諦めていたうちの子の命はSmoochさんに出会わなければ現在の元気なクーの姿は絶対になかったと感謝しています。
本当にありがとうございます。
これからも酵素風呂を続けながらフルボ酸とサプリメントを食べながら長生きしてほしいと思います。




K様からお電話があったのが昨年10月9日でした。

クーちゃんが末期がんだと診断され余命宣告されたので10月と12月のトリミング予約をキャンセルしたいとのことでした。
病院ではステロイドを処方され1日だけ飲ませたとのことでしたのでそれ以降は飲ませるのをやめていただきとにかくSmoochの酵素風呂に連れてきてくださいとお願いしました。
最初に来られたのが10月13日でした。
1時間ゆっくりと酵素の上で伏せの状態で乗ってくれました
その時に、酵素風呂のご縁で入荷しているヨウ素剤とフルボ酸をお買い上げいただき、お家で酵素風呂も始めていただきました。

ヨウ素剤フルボ酸


平日はお家で酵素に乗り週一でSmoochの酵素風呂に連れていただきました
二週目にお店に来られた時にK様が
『昨日、朝起きた時に目に黄色い目ヤニがいっぱい出ていて咳と一緒に血痰がたくさん出たんですが大丈夫ですか❓』
とたずねられました。
それは、ヨウ素剤が効いてきた好転反応ですね悪いものがどんどん出てくる証拠ですと説明させていただくと納得していただけました

クーちゃん3

酵素風呂に来るたびにどんどん元気になっていきました。
そして、余命宣告された事が嘘のようになんと12月は念願のトリミングにも来られトレードマークのモヒカン男前になることができました
トリミング

トリミングされてるクーちゃんを見学しながらK様は夢みたいで涙が出そうですとおっしゃっていました。

従来ならば病院でステロイドを処方され最後は苦しくなり酸素室のお世話になりながら見送ることでしょう。
K様も一旦は覚悟されてましたがSmoochを信じてくださり実行していただいた事本当に感謝申し上げます

酵素風呂とフルボ酸とヨウ素剤の相乗効果は計り知れません。その子の生命力を底上げしてくれます