Dog care salon Smooch

NO,DOG NO,LIFE

ダックスフンドの毛色いろいろ

2015.08.25.Tue
JKCの会報ガゼットが届いていました

毎月面白い記事やドッグショーのことなど詳しく載っている会報で読み応えがあります




その中で気になった記事をひとつ。




ダックスフンドの毛色の取り扱いについての記述がありました
以下抜粋↓↓


ダックスフンドの「ブラウン」及び「チョコレート」の単色について、スタンダード上の失格項目であることがFCIにおいて確認されました。




つまり、ダックスフンドとして認められない毛色ということです

血統書にも✖️という印が記載されます。




このほかにも認められていない色はあります。

クリーム、ブラック&クリーム、シルバーダップルなどです。




なぜこのような色が認められないのか?

きちんと理由があります。




それはこれらの毛色は視覚や聴覚、心臓や内臓に障害をもつケースが高確率で見られるからです。

珍しい色として繁殖された色は遺伝で子犬にも障害がでる危険が大きいのです。




愛犬家として、かわいいから、珍しいからだけでなくそのことをしっかり考えて飼ってあげてほしいと思います





ちなみに当店取り扱いのフードboschの日本総輸入元は九州でダックスのブリーディングもしています
boschを食べて育っているので毛もつやつやぴかぴか

惚れ惚れするので一度ご覧ください


ドイツダックスフンド専門犬舎shortleg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック