Dog care salon Smooch

NO,DOG NO,LIFE

恐ろしい感染症、ワクチンで予防できます!

2016.03.19.Sat

前回の感染症の記事、たくさんのご関心をいただきました
今回はワクチン接種で予防できる感染症についてです


●狂犬病
日本では狂犬病ワクチンの接種は法的義務とされています
日本は島国なので狂犬病の発症は低いと考えられてきましたが、
2013年、島国である台湾で52年ぶりに犬やイタチアナグマなどで狂犬病の陽性反応がでました

狂犬病はすべての哺乳類に感染する病気です
そして発症後の死亡率はほど100%
恐ろしい感染症なのです

哺乳類の中でもとくにアライグマは感受性が非常に高いです
山に囲まれている神戸は野生のアライグマが多く生息しています。
今は日本では狂犬病は発症していませんがいつ感染するかはわかりません
予防の意味で年1回の狂犬病ワクチンは必ず接種するようにしてください


●ジステンパーウィルス感染症
こちらも発症した場合の致死率は極めて高い感染症です
感染すると不顕性(感染が成立していながら臨床的に確認しうる症状を示さない感染様式のこと)、軽度神経症状がみられます。

昨年11月、兵庫県では有馬でアライグマが発症していることが認められています

対策としては定期的なワクチン接種にて予防できます


Smoochではトリミングのご予約の際、必ず狂犬病ワクチンと混合ワクチンの証明書をお持ちいただいております。(ワクチンのアレルギーなどの特別な場合を除き)
大切なパートナーの命を守るのは飼い主さまだけです
恐ろしい感染症のこと頭の隅に置いておいてください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック