Dog care salon Smooch

NO,DOG NO,LIFE

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避妊、去勢手術はお早めに!

2016.05.12.Thu
こんにちは!米田です。
去年5月にくぅーが乳腺腫になりました。幸い悪性ではなかったのですが、こうなってしまったのは避妊手術をしていなかったからです
元々避妊手術をしたほうがいいと知っていたのですが、「かわいそうだから」といって避けてきました。
腫瘍を取る手術と避妊手術を同時にしたためくぅーに負担がかかりそれに多額なお金がかかりました
避妊、去勢をすることでさまざまなリスクを減らす事ができます。
オスの場合、前立腺肥大などの病気」を防げたり、ずっと吠えていたのに吠える回数が減ったり、落ち着きなくちゃかちゃかしていたのにおちついたり、オスはマーキングのため足を上げておしっこをするので早めに去勢をすると足をあげずにおしっこができます。
るいも生後半年で去勢をしたので、おしっこをするときは足をあげずに必ず座ってします。
メスの場合、子宮蓄膿症、乳腺腫などの病気を防げ、知らないうちに妊娠しない、生理がないので世話がしやすいといったことがあります。
くぅーが避妊してないとき、もちろん生理がありました。生理の時はおむつをするので、おむつがいやで取ろうとしたり、走り回ったりしていました。留守番中おむつが取れてしまいあちこち汚していました。でも、避妊をすると生理来なくなるのでおむつ代がかからず帰ってきたら掃除をしなくてもいいし、生理によるストレスがありません。

米田くぅ

もし悪性の場合しこり部分が熱をもったり、皮膚が壊死したり、リンパ節やほかの臓器に転移してしまいます。もし悪性だとしても食べ物を気を付けていれば悪化を防げますし、ぬか風呂に入ると悪化を防げ、転移も防げます。

避妊、去勢をしたら個体差にもよりますが、食べムラがなくなります。くぅーは昔市販のフードを食べていたころは完食することが少なかったのですがボッシュに変え、避妊をしたら食べ残すことがなくなり毎日完食しています。
あとホルモンのバランスの影響で太りやすくなります。太らせないためには、フードの量を加減しないといけません。

年をとってから手術をすると負担がかかるので子どもを産ます予定がないのならば、病気になる前に避妊、去勢をした方がストレス、病気など防げます

記事:米田
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。