Dog care salon Smooch

NO,DOG NO,LIFE

獣医さんもびっくり!!振り切れていた数値が元通り♪

2016.05.14.Sat
お客様から嬉しい報告がありました

先日、お店の前の花壇のお花の植え替えをランドスケープさんにお願いしました。
そのときお世話になったM様はランドスケープさんの看板犬のコロンくんをいつもトリミングに連れてきていただいており、フードも
定期的に来店いただいております。

らんどすけーぷコロン


実はコロン君、Smoochにくる以前、2011年9月に体調くずし、入院したことがあるそうです。
しかも「今晩がやまです」と病院の先生から言われたそうです

その時の血液検査のコピーを飼い主様にいただきました。それがこちら

IMG_20160514_0001.jpg

この数値の中でもオレンジの線を引いた尿素窒素の値は数値が振りきれてしまうほどだったようです。
正常値に7~27に対し、140以上になってしまっています

さらに白血球の数値が基準値をはるかに超えてしまっています。

そういうところから先生の所見はおそらくレプトスピラ病というねずみによる感染症ではないかと言われたそうです
M様も体調を崩す前に、コロンちゃんがなにかを追いかけていたという心当たりがあったそうです。


その後、体調を崩してからは14㎏くらいまで体重も減ってしまいましたが、尿素窒素の値が少しさがって無事退院することができました。
それからはすすめられた病院食を半年ほど食べていたそうです。


しかし、病院食のカロリーが高く反対に太ってしまい、M様からご相談を受けました。
それが2012年4月のことです
boschの腎臓・肝臓サポート“スペシャルライト”とカロリーオフの“ライト”をおすすめさせていただき、それから今日まで4年間ずっと食べていただいています。気になっていた体重も少し落ちました

06251759_53aa8f676ab4c.jpg
「ハイプレミアム スペシャルライト」

06251740_53aa8b148c1f7.jpg
「ハイプレミアム ライト」


そしてこのたび、今年の5月の定期的に行っている血液検査の結果が大変良好であったとM様から嬉しい報告を受けたのです
今回の血液検査の結果がこちらです

IMG_20160514_0002.jpg

全ての項目が基準値内に戻りました
特に尿素窒素の数値が一旦振り切れるくらいまでなった子がここまで正常値に戻ることは滅多にないことです、と病院の先生に言われたそうです。
なのでM様もこの結果には驚かれたようです。

コロンちゃん5月で10歳になりました
今後もランドスケープさんの立派な看板犬として、活気あるシニア生活を送っていきましょうね



神戸市内唯一のドイツbosch正規取扱い店
【ドッグケアサロンSmooch】
〒651-2117
神戸市西区北別府5丁目15-13
定休日:毎週月曜、第一火曜日
営業時間:9:30~18:30
※サロン・ぬか天国は予約制となります

☆Smoochホームページはこちら
☆Smoochオンラインショップはこちら


お問い合わせ

お急ぎの場合は営業時間内でしたらお電話でどうぞ♪
Tel: 078-904-6378
時間外はメールでもお待ちしております
Mail: smooch@smooch-kobe.com

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック